和を感じる陶器

陶器にこもる日本の魅力

日本で有名な陶器「美濃焼」の特徴とは?

日本で有名な陶器「美濃焼」の特徴とは? 美濃焼は主に岐阜県の東美濃で作られている陶器の総称です。
どのような特徴があるのかというと、一言でこれというようなものはありません。
何故なら美濃焼はたくさんの種類で、そして様々な陶磁器として日本全国で作られているからです。日本国内で作られる陶器の約半分が美濃焼とも言われています。
その中でも特に有名なのが、黄色い器の黄瀬戸、白磁に似た志野、そして緑色で独特な形の織部です。黄瀬戸は、黄金色の釉薬が美しく、草花の文様が彫られています。
志野は半透明の釉薬を器に塗るので、焼き上がりは白く美しくなります。
織部は千利休と並んで三大茶人としても有名な古田織部が確立したもので、当時シンプルだった陶器に対して、わざと器を大きく歪ませて作ったり、扇のような三角形の器を作ったり、器にひびをいれたりし非常に独特なものが多いです。
色も緑色を中心に様々な色を用いていて、実用的だった陶器を観賞用に楽しめるように進化させているのが何より大きな特徴となっています。

陶器「美濃焼」の日本での価値について

陶器「美濃焼」の日本での価値について 美濃焼は、かつては美濃国と呼ばれていた岐阜県で生産される陶器です。
生産量は全国規模の大部分を占めるほどに多いため、安価な実用品も非常に多く出回っています。
一方で、生産地としての歴史が極めて古いため、美術品として高い評価を得ている作品も少なくありません。
美濃焼の系統の中で特に価値が高いものでは、織部が代表的となっています。千利休の弟子となる古田織部の指導によって、戦国時代の末期に創出されたのが織部の始まりです。
その作品群は多彩ですが、斬新な造形と鮮やかな緑釉を用いた色彩が特徴的です。陶器としての価値が正式に認められて、重要文化財の指定を受けている作品もります。
美濃焼の系統では、志野も同様に価値が高いことで知られています。緑釉を多用する織部に対して、志野の陶器には淡い色彩の釉薬が使われています。
このため、抹茶を点てるときにも素地の美しさが際立ちます。
志野の作品についても、中には重要文化財になるものがあるため、日本での価値は相当に高くなっています。


Copyright © 2017 和を感じる陶器 all rights reserved.